【ご報告】第10回「まだ出来る人(MDH)」の”隙間時間”活用シンポジウムを開催(2022.8.25)

YUVECは2022年8月25日(木)Web上のオンラインセミナーとしては5度目となる第10回「まだ出来る人」の“隙間時間”活用シンポジウムを開催しました。

神奈川県との協働事業となってからは7回目となる公開シンポジウムですが、今回も新型コロナウィルスの感染拡大に対する警戒の影響から、参加者の方々が自宅やオフィス等からZoomシステムを利用してリモート参加いただくオンライン方式にて開催し、多くの方々にご出席いただきました。
会場では、最近の環境変化によって高齢者の働き方や雇用への影響がどうなっていくのかについて、基調講演とパネルディスカッションを通じて議論が交わされました。高齢者と企業・団体を結び付けるためにも企業側はその存在を知らせること、そして高齢者自身もその求められ方に応じて変わらなくてはいけないこと等が実例をまじえて認識され、それに対して様々な視点から質問や意見が出され、時間を忘れさせるような議論が展開されました。

●基調講演
  講演 「エイジフリー勤務の形を探る」
      講師 内田 賢 氏(東京学芸大学 人文社会学系 社会科学講座 教授)

●パネルディスカッション
     「これからの雇用制度はどうなるか?」
      モデレータ NPO法人YUVEC 理事長             山川 隆
        パネリスト  東京学芸大学  教授                                           内田 賢 氏
                                   事業創造大学院大学 事業創造研究科 教授           浅野 浩美 氏
                                   株式会社スタックス 代表取締役会長            星野 妃世子 氏

     参加者:企業経営者および社員の方々、研究者、スタッフ等 58名

●シンポジウム風景